ホーム » Laravel tinkerについて

Laravel tinkerについて

tinkerとは?

Laravelに標準搭載されている対話型のコンソールです。
この手の実行環境はREPL(リプル)と呼ばれています。
tinkerを利用するとモデル、関数、クラスの確認、fakerの利用が出来ます。

tinkerの利用方法について

// Laravel sailを利用している場合
$ sail tinker

// Laravel sailを利用していない場合
$ sail shell
$ php artisan tinker

tinkerでよく利用するコマンドについて

// ■コマンド一覧が見れる
$ help

// ■例えばls
$foo = '1';
// 変数が見れる
$ ls -l
// グローバル変数が見れる
$ ls -lg

// ■履歴が見れる 
$ hist

// ■普通にPHP文も使える
$ echo 'test';

// よく使うCarbonとか
$ Carbon\Carbon::now();

// エラー出るときは、useする。
$ Book::all();
$ use App\Models\Book;

// showでコードが見れる
$ show Book
$ show Book4Controller

// メソッドも
$ show Book4Controllerroller::index

// バッククォートでシェルにアクセス出来る
$ `ls -l`
$ `pwd`

// clearする(画面を一旦クリアする)
$ clear

// exitで閉じる(tinkerから抜ける)
$ exit

tinkerでfakerを利用する

$ sail tinker

// tinker上で実行
$faker = app()->make(Faker\Generator::class)

// それっぽい名前がランダムで出力される。
$faker->name()

// 1〜4の値がランダムで出力される。
$faker->randomElement([1,2,3,4])

// それっぽい日付がランダムで出力される。
$faker->date()

// それっぽい長いテキストがランダムで出力される。
$faker->realText()

fakerの日本語対応

use Faker\Factory as Faker
$fakerJP = Faker::create('ja_JP');

factoryでデータを挿入する

\App\Models\Book::factory(10)->create();

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。