ホーム » Laravelの環境構築について

Laravelの環境構築について

Laravelアプリケーションのインストール

Docker Desktopを利用している場合は、下記コマンド1っぱつでLaravelをインストール出来ます。

curl -s "https://laravel.build/books" | bash

sail upでdockerコンテナを起動する

cd books
sail up -d

またはsailのパスが通ってない場合はこちら。
./vendor/bin/sail up -d 

sail ps # dockerコンテナの状態を確認する

ブラウザにlocalhostを入力する
http://localhost

Laravelの初期設定

books/config/app.phpファイルを変更します。

アプリケーションの時間を日本時間に変更します。

タイムゾーンは、いわゆる時間です。
UTCは世界の基準となっている時刻です。
Asia/Tokyoにします。その時差はUTC+9時間になっています。なので、UTCのままにすると、9時間前の時刻がアプリケーションで利用されてしまうということです。

'timezone' => 'UTC',
 ↓ 
'timezone' => 'Asia/Tokyo',

これは、言語ファイルでどのファイルを利用するのかを決めるものです。

'locale' => 'en',
↓
'locale' => 'ja',

これは、Fakerというライブラリを利用した際の言語設定です。

'faker_locale' => 'en_US',
↓
'faker_locale' => 'ja_JP',

laravel初期設定【DB】

DBの設定ファイルの場所は下記になります。

config/database.php

dbが起動しているかの確認コマンドです。

$ sail ps
$ sail mysql
mysql> show databases;

laravel初期設定【ログについて】

ログの設定ファイルの場所は下記になります。

config/logging.php

.envファイルを変更する

LOG_CHANNELをdailyにすることによって、ログファイルの出力を日付毎に分ける。

LOG_CHANNEL=stack
 ↓ 
LOG_CHANNEL=daily

laravelディレクトリ構造2

commandを作成する

sail php artisan list make
sail php artisan make:command testcommand

app/Console/Commands/testcommand.phpファイルを開く

protected $signature = 'command:name';
↓ 下記に変更する
protected $signature = 'test:test';

コマンド実行

sail php artisan test:test

exceptionを作成する

sail php artisan make:exception testexception

controllerを作成する

sail php artisan make:controller sampleController

 

※期間限定クーポンコード適用中です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。