ホーム » PSRとは?PHP標準コーディング規約について

PSRとは?PHP標準コーディング規約について

PSRとは

 

PHP-FIGによって管理されている、PHPのコーディング規約です。
PHP-FIG(PHP Framework Interop Group)というグループには各フレームワークだったりライブラリだったりの関係者が参加しています。

コーディング規約とは

プログラムのソースコードの記述方法の決まり事になります。

一般的なコーディング規約と、チーム内で決めるコーディング規約があります。
チーム内で決めるコーディング規約に関しては、チーム内のメンバーがプログラミングをしやすくするためのローカルルールになります。
例えば、、、
メールに関するコードは、Mailを接頭辞にしたファイル名にする。
LaravelのRequestクラスは使わずにコントローラー内でバリデーションを記述する。
特記事項がある場合は、ソースコードに必ず理由を書く。
などなどです。

PHPでプログラミングする際は、このPSRに準拠していることを求められます。

PSRは全てネット上に記載があります。
ただ、数が多いので、覚えられないですし、私も覚えてないです。

PSR-0,1,2,12

今はPSR-12に準拠していればいいです。
PSR

日本語訳:日本語訳

原文:
PSR-0
PSR-1
PSR-2
PSR-12

では、覚えられなくてどうPSRに準拠させるのか?

それは、自動化すればいいです。
自動化のやり方としては、コード整形ツールを使ったり、IDEにプラグインを入れたりする方法があります。

コード整形ツール

 

自身で決めたコーディング規約に自動的に準拠するように修正してくれます。
もちろんpsrも設定できます。
いろいろなツールが用意されていますが、私はCodeSnifferを利用しています。
CodeSniffer

 

動画でも紹介しています。

 

 

LaravelのUdemy講座もやってますので、良かったら覗いてみてください。

メールマガジンに登録頂くと、お得なクーポンコードもお配りしております。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。