ホーム » Laravel9のインストール(curl利用とcomposer利用の違いについて)

Laravel9のインストール(curl利用とcomposer利用の違いについて)

Laravel9のインストールについてです。

Laravelのインストール方法は、主に2つあります。

curlを利用する方法と、composerを利用する方法です。

1.curlを利用する方法

curl -s "https://laravel.build/example-app" | bash

こちらのメリットは…
・早い!
・楽!

デメリットは…
・最新バージョンのみしか利用できない

事です。

 

2.composerを利用する方法

composer create-project --prefer-dist laravel/laravel sample "8.*”

こちらの方法の場合は、バージョンを指定してインストールする必要があります。
ですが、composerをローカルマシン(macやwindows)にインストールする必要があります。

また、laravel sailを利用したい場合は、laravel sailのインストールが必要になります。

composer require laravel/sail --dev # laravel sailのパッケージをインストール
php artisan sail:install # laravelにlaravel sailをインストール
./vendor/bin/sail up # dokcerコンテナを立ち上げます。

 

 

Youtubeでもlaravelのインストール方法、laravel sailについては解説してます。

関連記事

laravel9のインストール方法について

 

 

【laravel8】laravel sailコマンドの説明とパスを通す

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。