ホーム » Laravel8から9にアップグレードする方法

Laravel8から9にアップグレードする方法

この記事は、laravel8をlaravel9にアップグレードする方法についてまとめたものです。

2022/2/10に私が実施した際は、下記の手順でアップグレードが成功しました。

もし、うまくアップグレード出来ない場合は、連絡いただければ対応方法を確認します。

 

Laravel8からLaravel9へのアップグレード方法

「composer.json」ファイルの記述を変更します。

1.laravelフレームワーク本体のバージョンを8系〜9系に変更する。

"laravel/framework": "^8.40",
↓
"laravel/framework": "^9.0",

2.コマンドラインのエラーハンドリングツール(Cli error handling)の collisionを5系〜6系に変更する。

"nunomaduro/collision": "^5.0",
↓
"nunomaduro/collision": "^6.0", 

3.Laravelアプリケーションのデフォルトのエラーページのライブラリのignitionを「facade/ignition」から「spatie/laravel-ignition」に変更します。

"facade/ignition": "^2.5",
↓
"spatie/laravel-ignition": "^1.0",

4.composer updateを実行する(composer.jsonファイルの適用)

$ composer update

5.laravelのバージョンを確認する。

$ php artisan -V

 

Trusted Proxiesミドルウィアの修正

もし「composer update」を実行した際に下記のエラーが出力された場合は対応が必要です。

Undefined constant Illuminate\Http\Request::HEADER_X_FORWARDED_ALL

1.「app/Http/Middleware/TrustProxies.php」ファイルを変更する。

use Fideloper\Proxy\TrustProxies as Middleware;
↓
use Illuminate\Http\Middleware\TrustProxies as Middleware;

2.composer.jsonファイルから下記を削除する。

"fideloper/proxy": "^4.4",

3.composer updateを実行する(composer.jsonファイルの適用)

$ composer update

 

Laravel9へのアップデート情報

Laravel9へのアップデート情報については、こちらのブログに日々まとめていきます。

■【laravel9】laravelのバージョンを8から9へアップグレードする方法

■【laravel9】新機能その1: Anonymous Migrationsの解説

下記の画像リンクより動画の解説が視聴できます。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。